ブラックリスト シーズン1 動画ならこちら

ブラックリスト シーズン1 動画を観るならこちらが人気です。

↓↓↓
楽天ショウタイム

楽天のオンデマンド動画サービスです。
配信数は日本最大級で、パソコン、スマホやタブレットにも対応しています。
いつでもどこでも観れるのがうれしいです。

動画サービスではめずらしく、月額利用料が無料なのがすごいです。
また、違法サイトで気になる、ウィルスや逮捕の心配がないのも安心ですね。

さらに、楽天カードを持っているとポイントが付いたり、ポイントを使って視聴することもできます☆

↓↓↓
楽天カード

楽天カードを作ると、5000ポイント以上もらえるので、
私はそのポイントを使って最新作品をたくさん観ました☆





ブラックリスト シーズン1 動画のあらすじは、
世界中の犯罪者の情報を集めた“ブラックリスト”を
合衆国に提供するという。。
(各作品の配信期間に関しては、楽天SHOWTIMEで確認ください。)





ブラックリスト シーズン1 動画は本当におもしろいですね。第3話のあらすじは、中国で1年半の間にCIAのエージェントが4人殺される。中国当局が、CIAから傍受したメッセージを解読するために行った犯行だが、解読は失敗に終わる。中国当局からスパイ殺しを請け負った伝説の殺し屋ウージンがレッドに協力を求めてきたため、レッドは暗号解読の専門家に偽装したエリザベスを同行して取引に向かう。ウージンとその部下たちは、5人目の標的であるヘンリー・チョウの暗殺計画を始動する。











ブラックリスト シーズン1 動画もおもしろいですが、最近良かったのが、リバースエッジ 大川端探偵社です。第8話のあらすじは、本日の依頼人は、空手の師範をしている梶原(橋本じゅん)。高校時代に出会った恩人に感謝を伝えたいという。その恩人とは、地元で最強といわれたスケバン・麗子。当時、気が弱く体も貧弱だった梶原は、学校の不良たちにカツアゲされていたところを麗子に助けられた。
ブラックリスト シーズン1 動画もおもしろいですが、最近良かったのが、リバースエッジ 大川端探偵社です。第8話のあらすじは、それを機に、強くなろうと空手に打ち込むようになり、現在に至るという。早速、村木(オダギリジョー)が調査を進めると、麗子の当時の交際相手の情報をつかみ…。
ブラックリスト シーズン1 動画もおもしろいですが、最近良かったのが、リバースエッジ 大川端探偵社です。第9話のあらすじは、本日の依頼人は、遊園地のウグイス嬢の声に恋したオタク男(ボブ鈴木)。毎日遊園地に通い、一日中その声を聞いて過ごしているという。なんとか声の主に会おうと、従業員に詰め寄ったり待ち伏せをしたりするも、それらしき人物は見当たらず…。
ブラックリスト シーズン1 動画もおもしろいですが、最近良かったのが、リバースエッジ 大川端探偵社です。第9話のあらすじは、偶然、浮気調査で遊園地を訪れていた村木(オダギリジョー)とメグミ(小泉麻耶)を尾行し、依頼に至ったという。さすがの村木も戸惑うが、所長(石橋蓮司)のひと声で調査することに…。
ブラックリスト シーズン1 動画もおもしろいですが、最近良かったのが、リバースエッジ 大川端探偵社です。第10話のあらすじは、≪もらい乳≫…父子家庭で育った磯山直人(オクイシュージ)は、赤ん坊の頃、自分に母乳をくれた隣人の女性にお礼がしたいという。村木(オダギリジョー)は、当時の住所を手がかりに調査を始める。
ブラックリスト シーズン1 動画もおもしろいですが、最近良かったのが、リバースエッジ 大川端探偵社です。第10話のあらすじは、≪決闘代打ち≫…依頼人は、組員の黒川(中野英雄)。組内のつまらない言い争いが、命を懸けた決闘に発展。その“代打ち”の立ち会いを、会長(堀田眞三)が信頼をおく所長(石橋蓮司)にお願いしたいという。
ブラックリスト シーズン1 動画もおもしろいですが、最近良かったのが、リバースエッジ 大川端探偵社です。第11話のあらすじは、「大川端探偵社」に、少し不気味な雰囲気のメガネの女(山田真歩)がやってきた。毎朝通勤時に見かける一般ランナーの男(滝藤賢一)の素性を調べてほしいという。
ブラックリスト シーズン1 動画もおもしろいですが、最近良かったのが、リバースエッジ 大川端探偵社です。第11話のあらすじは、女によると、そのランナーは毎日同じ場所をひたすら往復しており、フルマラソンと同じ距離を2時間弱で完走するのだという。信じがたい内容を興奮気味に話すその様子に、半信半疑の村木(オダギリジョー)だったが、調査の結果、男の速さに隠された秘密を知ることに…。

ブラックリスト シーズン1 動画と同じくらい好きなのが、リベンジ シーズン3です。

リベンジ シーズン3 動画 ドラマ

シーズン1からおもしろくて、ついつい観てしまって、
なかなかやめられません。